ペットが原因の離婚理由


ペットに対する考え方が合わないと、一緒に生活していく上で衝突することが増えていきます。

その度にストレスが溜まり、徐々に相手への愛情が薄れ・・・

顔も見たくない!  

一緒の空気すら吸いたくない!

と嫌悪感を抱くようになるかもしれません。

ペットが好きか嫌いか。結婚後、ペットを飼うか飼わないか。

結婚をする前に、話し合っておけばいいと思いますが、

結婚前のラブラブな時期は、相手に嫌われたくないと合わせがちですからね。

本心を隠していることもあるかもしれません。

ペットが原因の離婚理由

一般的に以下のような理由が多いです。

①ペットに対する価値観の違い

夫婦の一方が動物が好きではなく、ペットを雑に扱う。いじめる。

躾のために叩いたり、蹴ったりなどの暴力を振るう。

②ペットの世話を配偶者に任せきり。

共働きで双方が忙しいのに、一方の配偶者がペットの世話をなにも(あまり)しない。

③すべてがペット優先の配偶者に耐えられない。

ペット>配偶者

配偶者への愛よりペットへの愛が強いパターン。

躾のためにペットを叱ると、相手から倍返しされる。

ペットにお金をかけ過ぎる。

④一方がアレルギー持ち

一方の配偶者のアレルギーや喘息によりペットと暮らすことが困難になる。

☆次回も「ペット離婚」続きます☆

最新記事
アーカイブ