離婚は離婚後の生活が最も大切です。

ご相談者様が新たな一歩を踏み出すためのアドバイザーとして、ご夫婦の問題について法律的な観点からだけでなく心のケアにも配慮しながらサポートさせていただきます。 

千歳・恵庭 離婚相談 公正証書

公正証書で将来の安心を!​

養育費、財産分与、慰謝料の取り決めについては離婚協議書を公正証書で作成することをお勧めします。

離婚公正証書の起案・作成は「札幌 離婚さぽーと」にお任せください。

ご相談者様の不安を軽くするお手伝いをいたします

 

インターネット等の情報で一般的なことは分かったけれど・・・

 

何から始めたらいいのかな?

自分の場合はどうなのかな?​

専門家ならもっと具体的に教えてくれるのかな?

そのような疑問にお応えします。

離婚はとてもプライベートなことですので、誰にも話せずおひとりで悩まれている方がほとんどです。

また、これからの生活やお子さんの養育のことなどを長期間悩まれ、心身に不調をきたす場合もあります。

もしお悩みでしたら「札幌 離婚さぽーと」に相談にいらっしゃいませんか?

 

今抱えていらっしゃる問題・お悩みをゆっくりと聞かせていただきます。

その上で、ご相談者様ひとりひとりの心に寄り添ったアドバイス、必要な手続き等のご説明をさせていただきます。

プライバシーは厳守いたします。安心してご相談ください。

​ ◆1月の無料離婚相談のお知らせ◆

 

2020年1月の無料の離婚相談日は以下のとおりです。

1/16(木)・1/23(木)・1/30(木)
 

※ご希望の時間帯をご連絡ください(夜間も可)

※おひとりにつき1時間半までご相談いただけます。

​お電話、メール又はHP内のお問い合わせフォームよりご予約ください。

​(上の画像からお問い合わせページにジャンプします)

Please reload

January 10, 2020

最高裁判所の司法研究所は、夫婦が離婚する際に取り決める子供の養育費や、別居の際に生活費などを支払う婚姻費用について16年ぶりに見直しを行い、昨年12月23日付の研究報告書で公表しました。 改定版の養育費・婚姻費用算定表は、既に東京家庭裁判所のHPで公表されており、今後はこの改訂版が実務の現場で使われることになります。

さて、話は今日のタイトルの『IT社長との婚前契約書』に入っていきます。 出演者の中に、私は結婚前に婚前契約書を作りました!と仰る方がいました。 お相手の男性のほうから婚前契約書を作りたいとの申し出があったそうです。 婚前契約書を作るパートナーはそんなに多くはない(むしろ殆どいない)のですが、そこには経営者ならではの理由がありました。 万が一離婚となった場合に、財産分与で、会社の株式まで半分にされたら会社の存続が危うくなる、と思い、婚前契約書の中に、会社の株式は財産分与の対象としない、というような取り決めを入れたとのことでした...

将来の結婚を正式に約束するのが「婚約」ですが、将来の離婚を約束するのが「離婚約」です。 この「離婚約」、私はインターネットで離婚に関する話題を見ていたときにたまたま見つけたのですが、昨年、とあるお笑い芸人さんが自分のブログで離婚約をしていることを明かして話題になっていたようです。 とあるお笑い芸人さんとはインスタントジョンソンのじゃいさんという方で(私はじゅんいちダビッドソンを思い浮かべていましたが。。)、その後TVで取り上げられるなどして話題になり、じゃいさんは「離婚約」というタイトルの本まで出版しています。

Please reload

〒064-0810

北海道札幌市中央区南10条西14丁目1番25号GMSビル2F

TEL: 011-206-1025

FAX: 011-200-0785

E-mail: chitose@waizumi.com​

行政書士わいずみともみ事務所
   (ご相談・お問い合わせ)
  011-206-1025
  • Facebook Social Icon